セラミドと敏感肌の関係

人はいろいろな外部の刺激にさらされて、生活をしていますが、そうした中で肌が健康な状況を保っていられる事として、体を覆っていくような皮膚が外部刺激をブロックするようなバリアのような働きをしています。

 

ですが、バリア機能が低下すれば色々な肌トラブルの原因になって着て、は乾燥してしまった肌はセラミドが不足してきて肌バリアが弱くなって着ますから、汚れや細菌などが侵入しやすくなってくるのです。そして皮脂や、確執は肌の水分を守って潤いを保っていますが、そのために角質が傷ついてしまえば肌の水分が蒸発しやすくなってきますから、皮膚がさらに乾燥してしまって、悪循環があって、乾燥性敏感肌になってくるのです。

 

そして、乾燥性敏感肌はセラミドが不足しがちに伊なっています。そして外部刺激が多いような暮らしで、肌を安定した状況に保ってくれるものがセラミドなのです。そして、セラミドは皮膚の角質層にある脂質で主に外部刺激の皮膚への侵入を吸製でくれるようなバリア機能や角質層の水分をしっかりと保持できる機能といった2つの重要な働きがあり、乾燥して敏感肌になったら、角質層のセラミドがふそくしがちな状況であるといったことがわかっています。

 

セラミドはその効果から、どんどん有名になって、今ではセラミドが配合しているのかどうかというポイント重視で、化粧品選びをする人も増えてきています。
本当に驚きです。


このページの先頭へ戻る